FC2ブログ

記事一覧

しわくちゃの自分の顔と母の沈んだ声・・・

だいぶ前に母と一緒に撮った写真を
母に送るためにプリントしました。

自分の姿を撮ることも少なくなって来ているのに
たまに撮った写真も、そのままスマホに入れたままで
小さな画面でたまに見るだけ。

今回、久々にプリントした写真を見たら
ブレも無く、きれいに撮れているだけに
しわまでくっきりクリアに写っていました。

うわ~~~~~~~~シワシワおばばだぁ~~~(;´Д`)

ショックを受けながらも
記念の写真だからと母に送りました。

それを受け取った母は
私以上にショックを受けたようで
「写真送ってくれてありがとう」と言いながらも
なんだか声が沈んでいて
「自分の顔じゃないみたい」と言ってました。

それって・・・私も最近つくづく思う。
若い頃の顔がどんどん崩れていると日々感じる。
同じようにしわしわなのに
母から見れば私はまだまだ若いらしい。

私がそんなふうに感じるんだから
母の年齢にしたら顔の崩れは人生の崩れに等しいのだろう。

私も、孤独死や認知症を覚悟しているつもりでも
まだまだ現実味は薄い。

だけど、80歳の母にとっては
明日、自分自身がわからなくなるかもしれない
明日、目が覚めないかも知れないというのは
日々の恐怖となっているのかもしれません。

数年後に還暦を迎える私、
今の自分の老化現象に愕然としながらも
これから10年20年経ったら
今の母と同じように
50代の自分は若かったなぁと思いながら
先の短い人生を憂うのかと
母の声を聞きながら涙がこぼれそうになった。

私の部屋の唯一の飾りとしてフォトフレームがあり
自分の若い頃の写真から家族にぎやかな時の写真が流れている。
その中に、私の両親と子供たちと
三世代で行ったディズニーランドで一緒に撮った写真も入っている。
父も元気で、今の私と同じ年代の母は確かに若くて美しく
幸せに満ちて輝いて見える。

こんなことなら
ピンボケに修正してプリントすればよかったと
母に悪いことをしたと思う。

ずっとずっと、
母の近くに居たい、孝行したいと思いながらも、
自分の生活にもがき続けるだけで
いつまでも母に心配させてばかりで、気持ちだけが空回り。

悔しい悔しい悔しい

こんな自分を思いっきり殴りたくなる。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
     ↑     ↑
ご訪問ありがとうございますm(__)m
ポチっと、押していただけると励みになります(^^♪

そしてどこのどなたか存じませんが
こんな拙い記事に拍手ポチしていただきまして
思いがけず拍手カウントが付いていると
とてもびっくりしながら喜んでます、ありがとうございますm(__)m
 ↓↓
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なち

Author:なち
50代後半になりまして
もう・・・とか
まだまだ・・・とか
迷う気持ちを綴っています
時々、熟女の経験を
内緒で書いています

応援よろしくお願いします(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ご訪問ありがとうございます

アルバム

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
独身・フリー
27位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身生活
17位
サブジャンルランキングを見る>>